ニキビの赤み撃退したい悩める乙女の相談室

大きな悩み

今まで、生まれてからニキビが出来たことがないといった人はほとんど居ないでしょう。また、顔にできてしまったニキビによって悩まされた人も多数存在していることでしょう。
ニキビというのは、過剰な皮脂分泌によって生じてしまうものです。毛穴に汚れが溜まっていることによって皮脂が皮膚の表面に出ることが出来ず、ニキビとなってしまうこともあります。
一つ顔にできてしまっただけでも精神的なダメージが大きく、外出をしたくない・・・という気持ちにまで追い込まれてしまいます。

また、赤く腫れ上がってしまったものは、触るだけでも痛みを生じます。また、メイクで隠そうとすると余計に悪化させてしまう恐れがありますし、格下部分だけメイクが浮いてしまいます。
そのため、赤みがあるときは何もせず、そっとしておくことが大切です。ただ、全くケアをせずに放置していると赤みが残ったまま痕ができてしまう恐れがあります。ニキビが赤くなっているということは、皮膚が炎症を起こしているという証拠です。また、赤くなっている部分だけではなく、その周辺の皮膚もダメージを受けている状態となります。そのため、そのままの状態にしていると炎症していた痕が残ってしまうのです。

また、赤みがあるニキビというのは、痕が残って最終的には「シミ」になってしまう可能性があります。シミというのはなかなか消えないですし、コスメを使用しても元通りの状態にまで戻すことは難しいです。シミになると、赤色から茶色へとくすんでしまいます。

ニキビを適切な方法で対処しなければ、将来ニキビ跡やシミとして残ってしまうことになります。こうした状態を防ぐためには適切なニキビケア方法を知っておく必要があります。
今まで自己流でケアしてきたという人は危険です。ここでは、具体的なケア方法について紹介していますので、参考にしてください。