ニキビの赤み撃退したい悩める乙女の相談室

ニキビの原因

ニキビというのは一つ出来てしまうだけでも大きな悩みの元となってしまいます。しかし、そのニキビというのはどのような原因で出来ているのか知っているでしょうか?
ニキビが出来てしまう原因を知っておくことで、ニキビができにくいように予防したり、適切な方法で治療したりすることが出来ます。
ここでは、ニキビが出来る主な原因についてご紹介します。

・ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーが乱れることによって肌荒れを起こしてしまいます。通常、ターンオーバーというのは28日前後の周期で行われています。しかし、肌の代謝が悪くなることで正常にターンオーバーされなくなってしまうのです。ターンオーバーされることによって、肌の表面の細胞が生まれ変わります。そのため、肌の表面が炎症を起こしている、色素沈着しているといった場合でも、新しい細胞に生まれ変わることで、元の皮膚が生まれてくるのです。
ターンオーバーによって、古い角質は垢となって剥がれ落ちるようになっています。古い角質が残ってしまうことによって肌の表面を古い角質が多い、毛穴が詰まってしまいます。そして、最終的に皮脂分泌をしても出口がなくなってしまい、ニキビを形成してしまうのです。

・ホルモンバランスの乱れ
一般的に思春期ニキビの原因と言われています。女性ホルモンの分泌が乱れることによって、分泌される皮脂量が増加します。皮脂の量が増加することでニキビの原因菌であるアクネ菌が皮脂を餌にしてニキビを増殖させます。女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが増加します。男性ホルモンは皮脂分泌を促しますので顔全体が皮脂で覆われてしまいます。
また、思春期でなくとも月経前後に女性ホルモンのバランスが乱れてしまいますので、ニキビができやすくなってしまいます。

・食生活
食生活によってもニキビを増殖させてしまいます。毎日の食事は、私達の体を形成しているものです。そのため、体に取り入れる栄養素が偏っていれば、肌の栄養も失われてしまいます。また、肌に直接影響してなくても、内臓に負担をかけてしまう生活をしていると、肌に十分な栄養が行き渡らず、肌荒れを起こしてしまいます。特に脂質が多い食事はニキビの原因です。赤みを帯びたニキビを作る可能性があります。
年齢を重ねると、栄養バランスを考えない食生活を送る傾向がありますし、アルコールを摂取する機会も増えますので食生活には十分気をつけるようにしましょう。

この他にも、ストレス、睡眠不足、運動不足など様々な要因が関係しています。一つの原因だけではなく、複数の原因が絡み合っていることも多いので、一つ一つ生活を見直し、ニキビができにくい生活を心がけるようにしましょう。