ニキビの赤み撃退したい悩める乙女の相談室

薬で治療

ニキビが出来てしまった時、多くの人がニキビ薬を使用して治療するのではないでしょうか?ニキビ薬というのはニキビに直接薬を塗って症状を抑えるというものです。
薬はドラッグストアや薬局で購入することが出来ますし、皮膚科でも処方してもらうことが出来ます。

市販の薬には、炎症を抑える成分が含まれている塗り薬や、ニキビが出にくい状態にするビタミンの飲み薬があります。手軽に購入することが出来ますし、安価なので手に入れやすいです。
皮膚科の薬は、診察を受けなければ処方してもらうことが出来ません。こちらも炎症を抑える効果やピーリング効果のある薬が存在しています。また、ビタミン剤も処方されます。市販の薬との違いは、効果です。市販の薬は、配合される成分に規制があり、ニキビに効果的な成分が少量しか含まれていません。しかし、皮膚科で処方される薬は医薬品で、治療のために利用されているので成分の配合量が多いです。そのため、高い効果を得ることが出来るのです。
また、皮膚科では医師の診察を受けた上で薬を処方してもらいますので、自分に合った薬をもらうことが出来ます。皮膚科では薬が処方されるだけではなく、日常生活の改善点などについてもアドバイスしてもらうことが出来ます。

ニキビの赤みで悩んでいるという場合には、痕を残さないようにするためにも皮膚科に相談をするのが一番です。